サプリメント
«Prev || 1 | 2 || Next»
サプリメント

「がんは予防できる」

分子栄養学研究所主催の特別講座に参加して来ました。

テーマ:「がんは予防できる」

☆がんの疫学
3分の1のがんは予防可能、3分の1のがんは早期発見で治癒可能、3分の1のがんは完治できないがん。

がんの発生と進展は環境因子が決定的な役割を果たすため、生活習慣の改善(適度な運動、飲酒や喫煙の見直し)やケモプリベンション(生体内物質によるがん予防)が重要。

また、免疫機能の異常ががん発生に大きく関わることが報告されており、免疫機能を低下させない為にはメンタルケアも問題で、楽しく笑う生活、ポジティブ思考がポイントとなる。

☆がん発生のリスクを下げる物質
①ビタミン:ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC、葉酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12
 ビタミンB6は大腸がんの予防因子であることが以前から報告されており、近年では多量摂取によって乳がんの発症の抑制の報告もある

②食物繊維

③ミネラル:セレン、カルシウム、亜鉛、鉄、銅、マンガン

④多価不飽和脂肪酸:DHA、EPA、α-リノレン酸、γ-リノレン酸

⑤カロテノイド

⑥その他の食品成分:S-アリルシステイン、フコイダン(とろろ昆布に含有)、クルクミン、エピガロカテキン(緑茶に含有)、ラクトフェリン、キチン、キトサン

⑦プロバイオティクス、プレバイオティクス:乳酸菌、フラクトオリゴ糖

講座の後半では、がん発生のメカニズムについての詳しいお話もありました。

☆感想
自分の体の栄養状態を血液検査で把握し、自分にとって必要な栄養素を補うことが癌の予防に有効であると感じました。

日時:10月13日(13:30~15:30) 会場:ホテルグランヴィア岡山・4F 
講師:金子雅俊先生
参加:大崎
スタッフBlog , オススメ商品 >サプリメント , サプリメント

夏を元気に乗り切るために ~CoQ10の重要性~

『夏を元気に乗り切るために ~CoQ10の重要性~』

分子栄養学研究所主催の講習会に参加して来ました。

①脱水
②食欲不振
③自律神経の乱れ
④皮膚・粘膜のトラブル(紫外線の影響)

◎発汗時には水分と共に多めのミネラル補給が必要
◎冷飲食は消化能力を低下させるため、冷たい物の取りすぎは控える
◎あっさりした食事に偏りがちになる為、意識的にタンパク質を補給する

☆CoQ10とは?☆
・ビタミン様物質、補酵素
・生体内のほとんどの細胞に存在するが、ミトコンドリアが多い所に多く存在する
・心臓、腎臓、肝臓、筋肉、脾臓に多く存在する
・加齢とともに減少する
・イワシ、サバ、豚肉、牛肉に多く含まれるが、100㎎をイワシから摂取するには20匹も必要!

null
内容量:300mg、約60粒
価格:9,975円
続きを読む
サプリメント , スタッフBlog >研修日記

減量・アレルギー対策

分子栄養学研究所主催の講習会に参加してきました。

テーマ:減量・アレルギー対策について

福島の原子力発電所の事故をうけて、上記のテーマの内容に加えて、放射線の話もありました。

☆放射線・放射能の量を表す単位☆
ベクレル:放射性物質が放射線を出す強さ
グレイ :物質が放射線から吸収するエネルギーの量
シーベルト:人体が受ける放射線の影響度合

◎放射線の影響は成人に比べて、幼児、特に乳児が影響を受けやすい

☆放射線により、活性酸素・フリーラジカルが誘導される☆
○活性酸素を消去するために、グルタチオン、ビタミンC、リポ酸、ビタミンEが必要
○活性酸素による障害を予防、修復させるために、ナイアシン、メタロチオネインが必要

☆減量について☆
 正しいダイエット法の3原則
①低エネルギー下で生体に傷害を起こさせない
②体脂肪のみを効率的に減少させる
③リバウンドを起こさせない

上記の原則を守るために大切なこと
・食物繊維の摂取
・タンパク質の摂取(大豆に含まれる、β‐コングリシニンには中性脂肪を低下させ、内臓脂肪をも減少させる働きがある為、大豆タンパク質の補給も大切)
・タンパク質分解酵素(パパイン等)の摂取
・睡眠の質を向上させる(効果的な栄養素はグリシン・乳ペプタイド)
・運動(特に歩くこと)


続きを読む
サプリメント

test

«Prev || 1 | 2 || Next»