オススメ商品

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»
スタッフBlog >日々是漢方生活 , オススメ商品 >漢方

痛みの漢方処方 独活寄生湯

コタロー漢方 岡山地区
「痛みの漢方処方 独活寄生湯(どっかつきせいとう)」

☆独活寄生湯の特徴

・急性期の痛みが過ぎたときの、再発予防の第一選択薬

・寒さや湿気で起きる関節、筋肉、骨などの痛み

・血を作って、良く流すので、エネルギーが不足している高齢者・虚弱者の抵抗力を高め、病気の原因を追い払う

・疎経活血湯(そけいかっけつとう):腰椎、頸椎の摩耗による痛み
   +
 十全大補湯(じゅうぜんだいほとう):増血剤の働き
 2つの処方の働きを持っている

・老化したくない、元気でおりたいという思いを叶える

・関節の周りの筋肉の弱り、関節の弱りに効果

・骨(特に骨の先)が老化して、ささくれが出来たのを治せる

・身体を温める薬で、よく小便が出る

☆感想

関節の痛みを訴えられる方は多いが、なかなかそれに対応できていない。
消炎鎮痛剤は副作用が減ったとはいえ、長年飲めば胃腸に負担がかかる。
このような漢方薬を使ってもらい、少しでも痛みを軽くして、元気に過ごしていただけたらうれしい。

☆体が虚弱で、腰や手足の痛みが頑固で治りにくい方に☆
独活寄生丸(どっかつきせいがん)エキス細粒G「コタロー」 

null
60包(1ヶ月分)8,400円(第二類医薬品)

体が虚弱で疲れやすい方の痛み・しびれに効果があります。
高齢者や虚弱者で腰背部の痛みや下肢痛に効果があります。


【効能・効果】
疲れやすく、下肢の冷えやすいものの次の諸症:
腰痛、関節痛、下肢のしびれ、痛み

2011年9月4日 岡山後楽ホテル 
講師:吉岡 孝磨先生(吉岡薬局)
参加:藤巻
オススメ商品 >漢方

しゃっくりに効く漢方薬

「しゃっくりに効く漢方薬」

年に1-2度、しゃっくりに効く柿蒂湯(していとう)って有りますか?という問い合わせがあります。

「柿蒂湯」は、干し柿のヘタ「柿蒂(してい)」、スパイスで使うクローブ「丁字(ちょうじ)」、ショウガ「生姜(ショウキョウ)」が入っている漢方薬です。

台所にある材料(干し柿のヘタがどこの家庭にもあるとは思えませんが(^^ゞ)が、しゃっくりに効くって面白いですね。

干し柿のヘタ「柿蒂(してい)」は、降気、止嘔、止逆の効能があって、しゃっくりや嘔吐、咳などに用いられます。

柿蒂湯の材料を揃えるのは無理という場合は、ネオカキックス細粒(3日分9包 1,260円)という商品もありますので、ご相談下さい。

ネオカキックス.jpg


続きを読む
オススメ商品 >漢方

イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

null
イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)
(1,627円/12包、9,177円/90包)

★胃腸の消化吸収機能が落ちて、食欲不振、下痢、全身倦怠感などがある時に
★蒸し暑さや湿気、水あたりなどで、食欲不振、下痢、全身倦怠感などがある時に

【効能効果】
夏の感冒、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠感

【おすすめポイント】
★からだのドライクリーニング
日本は湿度が高いだけでなく、お刺身などの生ものやビールやジュースなど冷たい飲み物をたくさんとる事が多く、水分代謝を乱してトラブルの原因となることが少なくありません。からだに溜まった水分は湿濁と呼ばれ、胃腸機能を鈍くさせ、消化吸収、新陳代謝が低下します。

勝湿顆粒には水分代謝を調整する生薬がたくさん含まれていて、湿濁を取り除いてくれます。からだをドライクリーニングしてくれるイメージです。

・体表につきまとう湿気に対処:藿香・蘇葉・白芷
・体内に溜まった水分を除去:白朮・桔梗・厚朴・大腹皮・半夏・茯苓
・胃腸機能を調節:陳皮・甘草・大棗・生姜




オススメ商品 >漢方

麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)
null
8,863円(60包)、4,788円(30包)

★疲れた身体に潤いとエネルギーをすばやく補給

【効能・効果】
次の場合の滋養強壮
虚弱体質・肉体疲労・病中病後・胃腸虚弱・食欲不振・血色不良・冷え症・発育期

【おすすめポイント】
★「飲む点滴」で潤いとエネルギーを補給
肉体疲労時や病中病後には栄養補給が重要なのは言うまでもありません。
体力が弱っているとき疲労感だけでなく口の渇きも感じることがあります。
これはエネルギーだけでなく、水分や潤いも不足しているからです。
この時に冷たい飲み物をガブガブ飲むと胃腸を冷やし、体力を消耗してしまいます。

麦味参顆粒には、エネルギーを補い、体力や心臓の機能を高める「人参」、潤いを補う「麦門冬」、体液の発散を防ぐ「五味子」の3つの生薬が含まれていて、潤いとエネルギーを同時に補給することができます。これが漢方の「飲む点滴」です。





スタッフBlog , オススメ商品 >漢方

あせも対策に「桃の葉」

今年は6月にとても暑い日が続きました。

10ヶ月の我が子は、一気にあせもだらけになりました。
でも、ステロイドも使わず、桃の葉の入浴剤を使って一週間できれいになりました(^^)

「桃の葉」の入浴剤の作り方、使い方を紹介します。

【入浴剤の作り方】
momonoha.JPG

①2リットルくらいの水に「桃の葉」20-30gを入れる
②火にかけて、沸騰してから5-10分火を弱めて煎じる
③葉をこして、できあがり

【入浴剤の使い方】

浴槽に全量入れて、普通に入浴します
大人も使って大丈夫。お肌がしっとりします。

【ポイント】

お風呂から上がるときに、シャワーをせずに、できるだけ桃の葉をお肌につけたまま上がる
普段お使いのローションなどでケアしてあげる

【価格】
桃の葉 500g  1575円

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»