オススメ商品

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生 , オススメ商品 >漢方

「インフルエンザワクチンは打った方がいいの?」

インフルエンザワクチンの接種が始まっています。
ちなみにボクは、柿の木薬局に入ってからは毎年、予防接種をしています。その結果?インフルエンザには、罹っていません。予防接種しても、インフルエンザに罹るヒトもいるし・・・

①インフルエンザワクチンを打ったらどうなるのか

注射をすると、血液中にIgG抗体という抗体が作られます。
この抗体が、インフルエンザのウイルスと戦います!!
この抗体が増えるのに、2−3週間かかります。
ですから、インフルエンザの流行が始まる2−3週間前には、注射をするのが望ましいです。

②感染を予防できない理由

インフルエンザのウイルスは口や鼻から入ってきます。
口や鼻の粘膜には、注射で増えたIgG抗体はいません!!
粘膜にはIgA抗体がいます。粘膜でインフルエンザと戦うのは、IgAなのです。
だから、予防接種をしても、粘膜のIgAは増えないので、感染を防ぐことは出来ないんです。


③インフルエンザワクチンの目的は重症化を防ぐ事

ウイルスが粘膜を通過して、血中にウイルスが入ってくると、やっとIgG抗体の出番です。ここからは予防接種で増えたIgGが活躍して、ウイルスの増殖を抑えてくれます。それで、インフルエンザの症状が重症化するのを防いでくれるのです。

症状の重症化しやすい65歳以上の方、心臓、腎臓、肺に持病のある方、6-24ヶ月の乳幼児、妊娠28週以降の妊婦には、接種をおすすめします。



④漢方の知恵をプラスするとイイですよ!!

以上の様に、予防接種をしても完全に感染を防ぐことは不可能です。でも、ここに漢方の知恵をプラスするといいですよ。

★オススメ−1:しっかり睡眠☜これが免疫力を落とさない一番のポイントです!!

★オススメ−2:粘膜でしっかりガード☜漢方薬(衛益顆粒)で粘膜のIgA抗体が増えるとい       うデータがあります!! 衛益顆粒は、体内のIgG抗体も増やします。
  
★オススメ−3:うがい、手洗い、板藍茶☜板藍茶は抗ウイルス作用があります。
       板藍茶でガラガラ、ごっくんすると、粘膜についたウイルスを殺す事も出来
るし、体に入ったウイルスも殺せます。
  
★オススメ−4:漢方薬で免疫力アップ☜衛益顆粒や板藍茶で免疫力がアップするんです。
      風邪やインフルエンザだけでなく、春先の花粉症対策にもなります。

予防接種をしても油断大敵、睡眠はしっかり取って、抵抗力を落とさないように気を付けて下さい。

POP−1.jpg
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生 , オススメ商品 >漢方

柿のヘタがしゃっくりの薬になるの?

 柿のヘタはしゃっくりの特効薬ともいわれています。柿のヘタだけを煎じても効果があります。

柿蒂.jpg

 また、柿のヘタ(生薬名:柿蒂(してい))にクローブ(丁子(ちょうじ))、しょうが(生姜(しょうきょう))を組み合わせた「柿蒂湯(していとう)」という漢方薬もあります。干し柿のヘタを使えば、全て台所やスーパーにあるもので、しゃっくりのお薬が出来るのはおもしろいですよね。
 
 いちいちスーパーで材料を揃えて、コトコト煎じるのがめんどくさい(^^ゞ
 早くしゃっくりを止めたい!!
 外出先で突然しゃっくりが・・・
 これから大事なお客様の所へ行かないといけないのに・・・

 そんな時は、持ち運びに便利なエキス製剤が分包された商品があります。

「柿蒂湯(していとう)」9包(3日分)1,260円
柿蒂湯写真 Image.gif
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生 , オススメ商品 >漢方

衛気を高める衛益顆粒

衛益顆粒(えいえきかりゅう)は玉屏風散(ぎょくへいふうさん)という処方をもとに作られています。

玉屏風散という名前には、風邪(ふうじゃ)が入るのを防ぐ「屏風(びょうぶ)」のような働きをする素晴らしい宝=「玉」という意味があります。

玉屏風散には、黄耆(おうぎ)、白朮(びゃくじゅつ)、防風(ぼうふう)という3つの生薬から出来ています。黄耆には皮膚や粘膜を強化する働きがあります。白朮には胃腸を強化してエネルギーの補充を促進する働きがあります。防風にはからだに悪さをする風邪(ふうじゃ)をからだの外に追い出す働きがあります。この3つの生薬の働きが合わさって、からだのバリア機能のもとになる衛気(えき)を充実させて皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫力をアップして病気の侵入を防ぎ、病気の予防や治療に効果が出るのです。

衛益顆粒20130304.jpg
90包(30-45日分) 8,400円


スタッフBlog >研修日記 , オススメ商品 >サプリメント , サプリメント

夏のストレスを残さないために~抗酸化アプローチ~

分子栄養学についての勉強会に参加して来ました。

夏のストレスを残さないために~抗酸化アプローチ~ 

①注意する症状
a脱水:発汗でビタミン、ミネラルが不足
b食欲不振:胃の消化機能の低下
c自律神経の乱れ:エネルギー不足からくる慢性的な疲労感
d皮膚や粘膜のトラブル:紫外線
 
酸化ストレス(夏の暑さ、アルコール、ストレス、タバコなどにより活性酸素・フリーラジカルが発生)対策としてCoQ10が紹介されました。
 
②CoQ10とは?
・ビタミン様物質、補酵素
・抗酸化作用を発揮
・ビタミンEを節約する働きが注目されている
・生体内のほとんどの細胞に存在する
・心臓、腎臓、肝臓、筋肉、脾臓に多く存在する
・加齢とともに減少する

③CoQ10の生合成
・コレステロールと同じくメバロン酸を経由するため、高コレステロール血症の治療薬として有名なスタチン類の服用により、生体内の濃度が減少するおそれがある。 

④活性酸素に対する生体防御機能
・体内で合成される抗酸化酵素にはアミノ酸が必要→タンパク質補給の必要性
・抗酸化酵素が働くには亜鉛、鉄等が必要→トータル的なミネラル補給の必要性

⑤抗酸化物質(ビタミンA、カロチノイド、ビタミンC、α-リポ酸、ビタミンE、CoQ10)
・相互的に働くため、複合摂取が望ましい

⑥紫外線と活性酸素
・皮膚や目の組織では、太陽紫外線を直接浴びた結果、それらの組織、細胞内で活性酸素が生成されるため、
 他の組織に比べより酸化されやすい。 
・紫外線は肌を乾燥させ、シミ、シワやそばかす、肌荒れの原因にもなる

⑦紫外線によるシワの発生
・紫外線を浴びると、コラーゲン線維や弾力線維が分解される。
 年齢を重ねた肌では、新しい線維を作る能力が衰えている為、傷ついた線維が残り、シワとして蓄積される
→毎日の保湿(スキンケア)、正しい日焼け止めの使用が重要

 日時:平成24年9月19日 会場:メルパルク岡山・3F「光琳」 
講師:金子雅俊先生
 参加:大崎
スタッフBlog >日々是漢方生活 , オススメ商品 >漢方

古い汚れた水を体に溜めない漢方薬

null
イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)
(1,627円/12包、9,177円/90包)

★胃腸の消化吸収機能が落ちて、食欲不振、下痢、全身倦怠感などがある時に
★蒸し暑さや湿気、水あたりなどで、食欲不振、下痢、全身倦怠感などがある時に

【効能効果】
夏の感冒、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠感

【おすすめポイント】
★からだのドライクリーニング
日本は湿度が高いだけでなく、お刺身などの生ものやビールやジュースなど冷たい飲み物をたくさんとる事が多く、水分代謝を乱してトラブルの原因となることが少なくありません。からだに溜まった水分は湿濁と呼ばれ、胃腸機能を鈍くさせ、消化吸収、新陳代謝が低下します。

勝湿顆粒には水分代謝を調整する生薬がたくさん含まれていて、湿濁を取り除いてくれます。からだをドライクリーニングしてくれるイメージです。

・体表につきまとう湿気に対処:藿香・蘇葉・白芷
・体内に溜まった水分を除去:白朮・桔梗・厚朴・大腹皮・半夏・茯苓
・胃腸機能を調節:陳皮・甘草・大棗・生姜

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»