漢方・食養生
漢方・食養生

食養生

食は私達のからだとこころの基本(土台)です。
土台をおろそかにすると、その上にどんなに立派できれいなものを積み上げても崩れ落ちてしまいます。
このような事から、土台をつくる食は健康なからだとこころを維持するためにも大切なのです。

食養生というと、特別な材料を使った料理を思い浮かべられるかもしれません。
柿の木薬局がおすすめするのは、日本の気候・風土・体質に合った食事をすることです。
それは、湿度の高い高温多湿の気候風土の中で生活するわたしたちにふさわしい伝統食・日本食です。

具体的におすすめしたい事が3つあります。

1.「旬の食材」を食べること

食べ物には漢方薬と同じようにからだを温めたり、冷やしたり、巡りを良くしたりする作用があります。
「旬の食材」には生命力がみなぎっていて、栄養価も高く、その季節にからだに必要とされるものが備わっています。
自然のエネルギーを取り込むことで、免疫力を高める事ができます。
また、「旬の食材」は安価であるのもうれしいですね。

2.冷たいものの取りすぎを減らす

冷蔵庫が普及してから数十年しかたっておらず、ひとのからだは冷たい飲食物に耐えるようにはできていないと思います。
冷蔵庫からだしたての飲料水を飲むと、胃腸は消化吸収に使うエネルギーで冷たい飲料水を体温まで温める必要があります。
それだけ胃腸に負担を与え、飲食物の消化吸収に支障が出ることがあります。

3.よく噛んで食べる

現代人は、一口平均10回しか噛んでいないそうです。
一口30回噛んで食べると、唾液の分泌が良くなり、頬の筋肉が発達して視力がよくなり、小食で満腹感が得られます。
唾液の分泌が良くなると、飲食物の消化吸収が良くなり、胃腸に負担を与えずに良質の栄養が全身に行き渡ります。
また、良く噛むことで脳にも刺激を与えることになります。
良く噛むことでからだには様々な好影響があると言われています。
まさに「口は命の入り口、心の出口」なのです。
食べることは心の余裕をつくる大切な時間です。家にいるときだけでもゆっくりと噛んで、心から感謝していただきたいと思います。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 22 | 23 | 24 || Next»
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

「11月の生活のヒント」

今年もあと2ヶ月、紅葉本番はまだですが、木々は少し色づき始め、晩秋という感じですね。田んぼも稲刈りが終わって、ちょっと寂しい感じもします。

unndoukouenn .jpg

この季節、美味しいのは新米。新米は炊きあがったときの輝きが違いますね。それを見るだけでも、美味しいと思ってしまいます。このお米ですが、漢方薬の材料になっているのはご存じですか?漢方薬に使うのは、うるち米の玄米です。玄米は粳米(こうべい)と呼ばれ、胃腸を調え、元気をつけ、口渇や下痢に使われます。空咳の時によく使われる麦門冬湯(ばくもんどうとう)という漢方薬に入っています。

私達が毎日食べているお米は、精米して胚芽やぬかを取り除いた白米がほとんどだと思います。漢方薬で使われるのはもみ殻をとっただけの玄米です。「日本人のための食養生活 これを食べれば医者はいらない」(若杉友子著)という本のなかでお米のことが上手に書いてあったので、紹介させていただきます。

「白米と玄米を水につけておいたら、白米はふやけてしまうのに玄米は発芽します。発芽するということは生命力があるということです。」

生命力のある玄米は漢方薬にする価値があるんですね。新米の美味しい季節、たまには玄米のまま食べて、からだに元気や潤いを補給するのはいかがですか。

11月に入るとすぐに立冬です。暦の上ではこの日から立春の前日までが冬です。そろそろお鍋やおでんが恋しくなりますね。

中国の最古の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」では、四季を“春に生じ、夏に長(た)け、秋に収(おさ)め、冬に蔵(ぞう)す”と説明しています。
人間も自然界の一部ですから、冬は休息の季節と考えて、エネルギー(気)を体に貯め込むのが一番良いと思います。しかし、休んでばかりもいられないのが現代人ですから、せめて旬の食材を食べてエネルギーを貯蔵する期間にしたいものですね。
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

刈り上げたからカゼをひいたのか?

9月のある週末に散髪をして、カゼをひきました。
ボクは前回散髪した時から裾を刈り上げてます。
刈り上げるとすーすーして気持ちいいです。

散髪後、気持ち良かったので、夕方で涼しくなっているのに、河原で自画撮りとかしてました。そんな事してたからか、風邪をひきました。

散髪後.jpg

髪を切ってくれた美容師さんにも、風邪ひかないで下さいねと言われたのに、風邪ひきました。

この刈り上げた所には、風池や風府というツボがあります。漢方では、カラダに悪さをする「邪気」には、寒、暑、風、湿、熱、燥、火と7つの種類があると考えています。このうち風の邪気(風邪:ふうじゃ)によって引き起こされる病気が「風邪(かぜ)」です。風邪(ふうじゃ)は肩甲骨の内側にある「風門(ふうもん)」というツボから入って人にカゼをひかせ、「風池(ふうち)」に溜まり、さらに「風府(ふうふ)」に集まって風邪をこじらせると考えられています。

スクリーンショット 2015-09-25 15.27.36.png
 
クーラーの効いた美容室で髪を洗ったりして風門のあたりも冷えて、風邪が入り込みやすくなっていたのでしょう。さらに、風池をカバーできない隠さない、襟のない服で、しかも夕方で少しひんやりする川べりの風の強い中で首元がスカスカの服でいたのですから、どんどん風門から風邪(ふうじゃ)が入り込んでいたのんでしょうね。

でも、髪がいつも短い坊主頭の人はカゼをひきやすいのか?
髪の毛の無い人はカゼをひきやすいのか?
どうなんですかね・・・

とにかく、ボクは襟足をあらわにして、冷やしてしまったから、カゼをひいちゃったんです。
刈り上げても、刈り上げてなくても、首回り、肩甲骨の辺りまでは冷やさないようにしましょう。これから、気温の下がってカゼの流行る季節です。気を付けましょう。

①カゼをひきそうだと感じたら、このツボを押したり、おしぼりやカイロで温めたりしたらいいですよ。
血行が良くなって、風邪が溜まらずに押し流されていくイメージです。お試し下さい!!

②カラダに侵入した風邪を捕獲する「板藍茶」もオススメです!!

③カゼをひきやすい方、たぶん、風邪(ふうじゃ)の侵入をブロックする力が弱っているんだと思います。 
風邪の侵入をブロックする力=免疫力を上げる「衛益顆粒」がオススメです。
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「じゃがいも」

一年中スーパーに並んでいるじゃがいもですが、日本の旬は8月〜9月(新じゃがいもは5月〜6月)。

ビタミンCを多く含んでいます。
じゃがいものビタミンCはでんぷんに覆われているので熱に強く、調理しても効率よくビタミンCを取り入れることが出来ます。

胃腸を元気にして、お腹の調子を整える働きがあります。
じゃがいもには、芽がありますよね。生命力に溢れていると思いませんか?
カラダを元気にしてくれる食材です。

スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

10月の生活のヒント

秋は新米をはじめ、いろいろ美味しい物が多い季節です。

夏の胃腸の疲れも一段落して、食欲が増してきますね。秋は朝夕と昼の気温差が激しく、空気も乾燥します。
もっとも気を付けたいのが、この空気の乾燥です。皮膚のかさつきや痒み、ひびわれ、髪のぱさつき、ドライアイ、唇の乾燥、口の渇き、鼻詰まり、空咳、くしゃみ、便が固くなるなどの症状は、乾いた空気が原因です。このようにカラダに悪影響を与える空気の乾燥を「燥邪(そうじゃ)」と呼びます。

肺は夏にクーラーの乾燥した冷えた空気を吸って、乾燥しやすくなっています。
夏の疲れも残りつつ、朝夕の気温の変化に体が着いていかず、秋の空気の乾燥も合わさって風邪をひいたり、咳が出たりしている方が多いのではないでしょうか。

空気が乾燥すると鼻や呼吸器を守っている粘膜の働きが低下して、細菌やウイルス、花粉などの影響を受けやすくなります。
その結果、口や鼻、のどは炎症が起きやすくなり、風邪などの呼吸器感染症や喘息になると考えられます。
また、朝夕に冷え込むことで汗が減り、皮膚から排泄していた老廃物や水分の代謝を口や鼻など呼吸器が肩代わりすることになります。
これも鼻炎や呼吸器トラブルの原因になります。

この時期の養生は空気の乾燥から体を守り、本格的な寒さに備えて免疫力を高める事が大切です。
 
そのためには・・・

お肉やお魚料理には、ネギや大根おろし、辛味のある食材を添えて、体を温め、消化を促進し、胃腸の負担を軽減します。
辛味の食材の代表であるネギや生姜、唐辛子、胡椒などの薬味は、タンパク質の消化吸収を助け、腐敗やカビを防ぎます。
呼吸器が弱りやすい秋は、根菜類の煮物や汁物、秋刀魚などの魚料理にネギ、生姜、大根おろし、七味唐辛子などの薬味をたっぷりと添えていただくのがおすすめです。

さんま炭火.jpg

炭火で焼いたので、真っ黒ですが・・・美味しかったですよ!!


スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「かぼちゃ」

夏に収穫される「かぼちゃ」ですが、しばらく置いておくことで甘味が増して美味しくなります。

体を温め、消化器の働きを良くして、元気をつけます。

気を巡らせる玉ねぎなどと組み合わせると、腸にガスが溜まりにくくなります。

水分の多い日本カボチャとホクホクしている西洋カボチャがあるので、特徴に合わせて料理するのがオススメです。

カボチャHP - 1.jpg
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 22 | 23 | 24 || Next»