漢方・食養生
漢方・食養生

食養生

食は私達のからだとこころの基本(土台)です。
土台をおろそかにすると、その上にどんなに立派できれいなものを積み上げても崩れ落ちてしまいます。
このような事から、土台をつくる食は健康なからだとこころを維持するためにも大切なのです。

食養生というと、特別な材料を使った料理を思い浮かべられるかもしれません。
柿の木薬局がおすすめするのは、日本の気候・風土・体質に合った食事をすることです。
それは、湿度の高い高温多湿の気候風土の中で生活するわたしたちにふさわしい伝統食・日本食です。

具体的におすすめしたい事が3つあります。

1.「旬の食材」を食べること

食べ物には漢方薬と同じようにからだを温めたり、冷やしたり、巡りを良くしたりする作用があります。
「旬の食材」には生命力がみなぎっていて、栄養価も高く、その季節にからだに必要とされるものが備わっています。
自然のエネルギーを取り込むことで、免疫力を高める事ができます。
また、「旬の食材」は安価であるのもうれしいですね。

2.冷たいものの取りすぎを減らす

冷蔵庫が普及してから数十年しかたっておらず、ひとのからだは冷たい飲食物に耐えるようにはできていないと思います。
冷蔵庫からだしたての飲料水を飲むと、胃腸は消化吸収に使うエネルギーで冷たい飲料水を体温まで温める必要があります。
それだけ胃腸に負担を与え、飲食物の消化吸収に支障が出ることがあります。

3.よく噛んで食べる

現代人は、一口平均10回しか噛んでいないそうです。
一口30回噛んで食べると、唾液の分泌が良くなり、頬の筋肉が発達して視力がよくなり、小食で満腹感が得られます。
唾液の分泌が良くなると、飲食物の消化吸収が良くなり、胃腸に負担を与えずに良質の栄養が全身に行き渡ります。
また、良く噛むことで脳にも刺激を与えることになります。
良く噛むことでからだには様々な好影響があると言われています。
まさに「口は命の入り口、心の出口」なのです。
食べることは心の余裕をつくる大切な時間です。家にいるときだけでもゆっくりと噛んで、心から感謝していただきたいと思います。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 22 | 23 | 24 || Next»
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「ねぎ」

ねぎは栄養的には緑色の部分が優れていますが、白い部分には様々な効果があります。

・発汗させて寒気を追い払う
・体を温めて気の巡りを良くする
・痰を出しやすくする

などです。

ねぎ類の特有な匂いは、消化液の分泌を促す働きがあります。
体を温めて血行を促進して、ストレスを和らげます。
肩こりや冷え性にもおすすめです。

ねぎ.jpg
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

「12月の生活のヒント」

今年もあと1ヶ月。少しずつですが、朝晩、寒くなってきましたね。

この「寒さ」が人間の体に悪さをします。これを「寒邪(かんじゃ)」と言います。
「寒邪」は体を冷やして、体内の様々なものの流れを悪くします。寒さで血管も収縮して、血液の流れが悪くなり、筋肉も縮こまらせます。漢方では、流れが悪い状態が続くと痛みが発生すると考えます。そのため、「寒邪」が体に侵入すると、体が冷えて起きる悪寒、下痢、冷えだけでなく、頭痛、肩こり、関節の痛み、筋肉の痛み、痙れん、生理痛がひどくなるなどの痛みに関係する症状が出ます。また、血液の流れが悪くなるために起こる高血圧、狭心症、脳梗塞などの誘因になったりします。
 
漢方の冬の養生法は「寒邪の影響を受けにくくするために、夜は早く寝て朝は太陽が出てからゆっくり起きる。寒さに犯されないように衣服を調節して、室内を暖かくする。激しく汗をかくような運動はさけて、エネルギーを浪費しない方が良い。」と言われています。早起きして、寒さの厳しい時間帯に運動するのは、あまりおすすめではありません。寒さの厳しい間は、防寒に気をつけてくださいね。
 
冬は「腎(じん)」が主役となって働く季節です。
漢方でいう腎とは、現代医学の腎臓、副腎(ホルモンを出す働き)、骨、骨髄、脳などを含んでいます。冬にはこの腎に有効な栄養を摂ることが大切です。腎の働きを補うとされている食品の味は「鹹(かん)」、塩辛い味が良いとされています。「鹹(かん)」の味がする食品としては、味噌、醤油、天然塩、昆布などがあります。日本食は腎を補うのにぴったりです。また、漢方では、体の弱っている所と同じ部分を薬にするという考え方があります。そう考えると腎に関係する骨(豚骨など)などを煮込んで作ったラーメンは、腎を補うメニューかもしれません。(食べ過ぎに注意!!)

ラーメン20151130.jpg

これは豚骨ラーメンじゃありませんが、ボクの好きなラーメンです

スタッフBlog , 総合 , 漢方・食養生

アロマ部11月「心と体のバランスを整える~秋の温活アロマ~」

柿の木薬局☆アロマ部☆岡田です。
寒暖の差が激しく、体調を崩される方が多いです。
寒暖の差は、身体のバランスだけでなく、心のバラ
ンスを崩す原因にもなります。
今月は、心と体のバランスを整えるアロマを紹介します。


身体を温めると、身体の自然治癒力、免疫力が上がります。
また、血行が促進することで、内臓の働きがよくなります。
血行が促進されると、自律神経のバランスを保つことが出来るので、ストレスを受けにくくなります。

≪代表的な身体を温めるといわれる精油≫

ジュニパー:むくみの改善、発汗作用
スイートマジョラム:心を温める、血液の流れを良くする
ゼラニウム:むくみの改善、血流改善作用
ベチバー、ローズマリー:血液循環を改善、
ブラックペッパー、ジンジャー:心と体への加温作用、

※ジュニパー、ゼラニウム、ベチバー、ローズマリー:妊娠中の方が芳香浴以外に使用することはお控えください。


【使い方】

1 バスソルトを入れてお風呂に入ると、天然塩によってよく温まります。 ≪バスソルトの作り方≫天然塩大さじ1(15g)にお好きな精油5滴以下を混ぜて完成です。
※ご使用前にご自宅のお風呂の材質や種類を確認してご使用ください。
★リラックスしたいときはぬるめの湯(38°C~40°C前後)で時間をかけて入浴し、
元気を出したいときは少し熱めの湯(42°C前後)で短時間入浴するのが基本です。

2 お風呂上りの足のトリートメントも効果的です。(バスソルトをお風呂に入れられない方に)

≪トリートメントオイルの作り方≫
植物油(スイートアーモンド油やホホバ油など)10mL に、お好きな精油を 2 滴入れて、よく混ぜ合わせて完成です。
1)トリートメントオイルを半分とって両手のひらに広げる。
2)足首を両手で包み込み、ひざまで全面を下から上へ2~3回さする。次にふくらはぎを足首からひざ裏まで2~3回さする。
3)くるぶし周りを円を描くようにさする。2)~3)を何度か繰り返す。足の裏を親指で圧迫するのも効果的です。

※目に入らないように注意してください。刺激を感じた時はすぐに使用を中止し、必要に応じて医師の診察を受けてください。
※力の入れ過ぎにご注意ください。

ご家庭でも♪アロマ♪~心の温活ブレンド~

お手持ちのアロマポットやアロマディフューザー、またはマグカップに熱湯150mL を注いだものに精油を滴下して使用してください。

★ゼラニウム 2滴
★ローズウッド 1滴
★ラベンダー 1滴
★ベンゾイン 1滴

※お部屋の大きさ、使用する器具、またお好みに合わせて精油の量は調節してください。

スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「里芋」

色々な野菜が美味しい秋ですが、ボクは里芋が大好きです。

里芋は、カラダにとっても優しい食材です。
低カロリーで、肥満を予防して、糖尿病や胃潰瘍にも良い効果が期待できる食材です。
唾液の分泌を促進して、消化を助けて胃腸を整える作用があります。
あの特有のぬめり(ガラクタン、ムチン)は食物繊維の一種で、血圧を下げたり、胃腸や肝臓を保護する効果があります。

里芋を使った料理の中でも、ボクは「いも炊き」が大好きです。

いも炊きとは
”いもたきは、愛媛県において、秋に月見を兼ねて、屋外で「いも」を「たき」(炊き)、それを肴に大勢で宴会すること。
河川敷などで行われ、「いも」は里芋(大洲地方では夏芋と呼ぶ)がよく用いられる。他の具は、鶏肉をはじめ場所によってさまざまである。
大洲市が始まりとも伝えられるが、今日では南予を中心とした愛媛県下で広く行われている。大洲市のいもたきは、藩政時代に行われていた「お籠り」と呼ばれる、親睦行事が起源とされている。
秋の社日に、土地の神に新芋を供えて、その年の豊作を祈願する風習が由来とされ、この風習自体は西日本各地で行われていたものである。
「いもだき」と「た」が濁る地域(新居浜市など)もある。”

(Wikipediaより引用)

イモ炊き.jpg

妻は愛媛県松山市出身なのですが、我が家のいも炊きには、鶏肉の他にタコが入っています。
特に松山だからタコが入るわけでもないようですが、妻の家では入れていたようです。

タコは動脈硬化を抑制したり、肝臓の働きを助けるタウリンが豊富に含まれています。

タコのタウリンと、里芋のぬるぬる成分の組み合わせが、胃腸や肝臓に一層優しくなるようです。

里芋とタコやイカを煮ると、ものすごく軟らかくなるので、消化も良くなります。

いも炊き以外でも、里芋とタコ、イカの組み合わせオススメです。
是非、お試し下さい!!
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生 , オススメ商品 >漢方

「インフルエンザワクチンは打った方がいいの?」

インフルエンザワクチンの接種が始まっています。
ちなみにボクは、柿の木薬局に入ってからは毎年、予防接種をしています。その結果?インフルエンザには、罹っていません。予防接種しても、インフルエンザに罹るヒトもいるし・・・

①インフルエンザワクチンを打ったらどうなるのか

注射をすると、血液中にIgG抗体という抗体が作られます。
この抗体が、インフルエンザのウイルスと戦います!!
この抗体が増えるのに、2−3週間かかります。
ですから、インフルエンザの流行が始まる2−3週間前には、注射をするのが望ましいです。

②感染を予防できない理由

インフルエンザのウイルスは口や鼻から入ってきます。
口や鼻の粘膜には、注射で増えたIgG抗体はいません!!
粘膜にはIgA抗体がいます。粘膜でインフルエンザと戦うのは、IgAなのです。
だから、予防接種をしても、粘膜のIgAは増えないので、感染を防ぐことは出来ないんです。


③インフルエンザワクチンの目的は重症化を防ぐ事

ウイルスが粘膜を通過して、血中にウイルスが入ってくると、やっとIgG抗体の出番です。ここからは予防接種で増えたIgGが活躍して、ウイルスの増殖を抑えてくれます。それで、インフルエンザの症状が重症化するのを防いでくれるのです。

症状の重症化しやすい65歳以上の方、心臓、腎臓、肺に持病のある方、6-24ヶ月の乳幼児、妊娠28週以降の妊婦には、接種をおすすめします。



④漢方の知恵をプラスするとイイですよ!!

以上の様に、予防接種をしても完全に感染を防ぐことは不可能です。でも、ここに漢方の知恵をプラスするといいですよ。

★オススメ−1:しっかり睡眠☜これが免疫力を落とさない一番のポイントです!!

★オススメ−2:粘膜でしっかりガード☜漢方薬(衛益顆粒)で粘膜のIgA抗体が増えるとい       うデータがあります!! 衛益顆粒は、体内のIgG抗体も増やします。
  
★オススメ−3:うがい、手洗い、板藍茶☜板藍茶は抗ウイルス作用があります。
       板藍茶でガラガラ、ごっくんすると、粘膜についたウイルスを殺す事も出来
るし、体に入ったウイルスも殺せます。
  
★オススメ−4:漢方薬で免疫力アップ☜衛益顆粒や板藍茶で免疫力がアップするんです。
      風邪やインフルエンザだけでなく、春先の花粉症対策にもなります。

予防接種をしても油断大敵、睡眠はしっかり取って、抵抗力を落とさないように気を付けて下さい。

POP−1.jpg
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 22 | 23 | 24 || Next»