漢方・食養生
漢方・食養生

食養生

食は私達のからだとこころの基本(土台)です。
土台をおろそかにすると、その上にどんなに立派できれいなものを積み上げても崩れ落ちてしまいます。
このような事から、土台をつくる食は健康なからだとこころを維持するためにも大切なのです。

食養生というと、特別な材料を使った料理を思い浮かべられるかもしれません。
柿の木薬局がおすすめするのは、日本の気候・風土・体質に合った食事をすることです。
それは、湿度の高い高温多湿の気候風土の中で生活するわたしたちにふさわしい伝統食・日本食です。

具体的におすすめしたい事が3つあります。

1.「旬の食材」を食べること

食べ物には漢方薬と同じようにからだを温めたり、冷やしたり、巡りを良くしたりする作用があります。
「旬の食材」には生命力がみなぎっていて、栄養価も高く、その季節にからだに必要とされるものが備わっています。
自然のエネルギーを取り込むことで、免疫力を高める事ができます。
また、「旬の食材」は安価であるのもうれしいですね。

2.冷たいものの取りすぎを減らす

冷蔵庫が普及してから数十年しかたっておらず、ひとのからだは冷たい飲食物に耐えるようにはできていないと思います。
冷蔵庫からだしたての飲料水を飲むと、胃腸は消化吸収に使うエネルギーで冷たい飲料水を体温まで温める必要があります。
それだけ胃腸に負担を与え、飲食物の消化吸収に支障が出ることがあります。

3.よく噛んで食べる

現代人は、一口平均10回しか噛んでいないそうです。
一口30回噛んで食べると、唾液の分泌が良くなり、頬の筋肉が発達して視力がよくなり、小食で満腹感が得られます。
唾液の分泌が良くなると、飲食物の消化吸収が良くなり、胃腸に負担を与えずに良質の栄養が全身に行き渡ります。
また、良く噛むことで脳にも刺激を与えることになります。
良く噛むことでからだには様々な好影響があると言われています。
まさに「口は命の入り口、心の出口」なのです。
食べることは心の余裕をつくる大切な時間です。家にいるときだけでもゆっくりと噛んで、心から感謝していただきたいと思います。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»
スタッフBlog , 漢方・食養生

「血」不足のサインを見逃さず、早めの対応を

「血」は身体を巡って全身の細胞に酸素、栄養素を届けたり、潤いを与えます。
他にも身体を温めたり、精神を安定させる役割もあります。

そのため、「血」が不足すると全身の臓器や細胞に影響が及んで、疲労、めまい、息切れ、冷えなど色々な症状が現れます。この様に「血」が不足した状態を中医学では「血虚」と言います。

女性は男性に比べて貧血になりやすく、10人に1人は貧血と言われるほどです。
中医学では、検査数値ではなく、症状や身体の状態から判断します。
現代医学で貧血はないと言われていても、中医学では「血虚」と考えられることがあります。

チャイナビュー147号では、貧血の養生法を紹介しています。
null

お店に来ていたけば、差し上げています。
漢方・食養生

食養生

食は私達のからだとこころの基本(土台)です。
土台をおろそかにすると、その上にどんなに立派できれいなものを積み上げても崩れ落ちてしまいます。
このような事から、土台をつくる食は健康なからだとこころを維持するためにも大切なのです。

食養生というと、特別な材料を使った料理を思い浮かべられるかもしれません。
柿の木薬局がおすすめするのは、日本の気候・風土・体質に合った食事をすることです。
それは、湿度の高い高温多湿の気候風土の中で生活するわたしたちにふさわしい伝統食・日本食です。

具体的におすすめしたい事が3つあります。

1.「旬の食材」を食べること

食べ物には漢方薬と同じようにからだを温めたり、冷やしたり、巡りを良くしたりする作用があります。
「旬の食材」には生命力がみなぎっていて、栄養価も高く、その季節にからだに必要とされるものが備わっています。
自然のエネルギーを取り込むことで、免疫力を高める事ができます。
また、「旬の食材」は安価であるのもうれしいですね。

2.冷たいものの取りすぎを減らす

冷蔵庫が普及してから数十年しかたっておらず、ひとのからだは冷たい飲食物に耐えるようにはできていないと思います。
冷蔵庫からだしたての飲料水を飲むと、胃腸は消化吸収に使うエネルギーで冷たい飲料水を体温まで温める必要があります。
それだけ胃腸に負担を与え、飲食物の消化吸収に支障が出ることがあります。

3.よく噛んで食べる

現代人は、一口平均10回しか噛んでいないそうです。
一口30回噛んで食べると、唾液の分泌が良くなり、頬の筋肉が発達して視力がよくなり、小食で満腹感が得られます。
唾液の分泌が良くなると、飲食物の消化吸収が良くなり、胃腸に負担を与えずに良質の栄養が全身に行き渡ります。
また、良く噛むことで脳にも刺激を与えることになります。
良く噛むことでからだには様々な好影響があると言われています。
まさに「口は命の入り口、心の出口」なのです。
食べることは心の余裕をつくる大切な時間です。家にいるときだけでもゆっくりと噛んで、心から感謝していただきたいと思います。
漢方・食養生

漢方と中医学

漢方と中医学って、違いがあるのでしょうか?

おおざっぱに言うと、中国から伝わった医学という点で違いはないと思います。
細かく言うと、漢方は中国が漢の時代に日本に伝わった医学で、その後日本で独自に発展してきた医学と言われています。漢民族の医学だから漢方。
一方、中医学は中国伝統医学で、中国で発展してきた医学です。漢方と中医学には共通点もあるのですが、それぞれの特徴があります。共通点としては現代医学のようにこころとからだを分けない事です。
中医学は中国伝統医学だから中医学と言うのが一般的な説明ですが、私が習っている先生はステキな解釈をされています。
「中医学は中庸の医学だから中医学なんだ」と。
中庸とは均等の取れたという意味ですから、中庸の医学=こころとからだのバランスを取る医学なのです。

中医学と養生

中医学では気・血・水がからだを支えると考えています。
気は生命のエネルギー。
気力の気、元気の気です。

血は血液と血液の全身に栄養を供給する作用です。

水はからだの中の血液以外の水分と潤いを与える作用です。

この気・血・水の3つがバランス良く充実して、スムーズに巡れば、人は健康な状態を保てます。
不足したり、巡りが滞ったりすると健康ではなくなっていきます。

また、ひとは自然界の中で生活しています。自然界がなければひとは生活できません。
中医学では自然界の変化がひとに与える影響が適応範囲を超えると健康を崩すと考えています。
季節や気候の変化で体調に変化があることは、多くの方が経験されていると思います。

養生とは、古代の人が病気をせずに生き延びるための知恵です。自然界とうまく折り合いをつける知恵です。
中医学の気・血・水の考え方で自分の体質を知り、毎日の生活や食事の中で足りないものを補ったり、滞ったものを巡らせるようにする事で、自然界とうまく付き合い、健康を維持する事ができるのだと思います。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»