漢方・食養生
漢方・食養生

食養生

食は私達のからだとこころの基本(土台)です。
土台をおろそかにすると、その上にどんなに立派できれいなものを積み上げても崩れ落ちてしまいます。
このような事から、土台をつくる食は健康なからだとこころを維持するためにも大切なのです。

食養生というと、特別な材料を使った料理を思い浮かべられるかもしれません。
柿の木薬局がおすすめするのは、日本の気候・風土・体質に合った食事をすることです。
それは、湿度の高い高温多湿の気候風土の中で生活するわたしたちにふさわしい伝統食・日本食です。

具体的におすすめしたい事が3つあります。

1.「旬の食材」を食べること

食べ物には漢方薬と同じようにからだを温めたり、冷やしたり、巡りを良くしたりする作用があります。
「旬の食材」には生命力がみなぎっていて、栄養価も高く、その季節にからだに必要とされるものが備わっています。
自然のエネルギーを取り込むことで、免疫力を高める事ができます。
また、「旬の食材」は安価であるのもうれしいですね。

2.冷たいものの取りすぎを減らす

冷蔵庫が普及してから数十年しかたっておらず、ひとのからだは冷たい飲食物に耐えるようにはできていないと思います。
冷蔵庫からだしたての飲料水を飲むと、胃腸は消化吸収に使うエネルギーで冷たい飲料水を体温まで温める必要があります。
それだけ胃腸に負担を与え、飲食物の消化吸収に支障が出ることがあります。

3.よく噛んで食べる

現代人は、一口平均10回しか噛んでいないそうです。
一口30回噛んで食べると、唾液の分泌が良くなり、頬の筋肉が発達して視力がよくなり、小食で満腹感が得られます。
唾液の分泌が良くなると、飲食物の消化吸収が良くなり、胃腸に負担を与えずに良質の栄養が全身に行き渡ります。
また、良く噛むことで脳にも刺激を与えることになります。
良く噛むことでからだには様々な好影響があると言われています。
まさに「口は命の入り口、心の出口」なのです。
食べることは心の余裕をつくる大切な時間です。家にいるときだけでもゆっくりと噛んで、心から感謝していただきたいと思います。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»
漢方・食養生

大自然の生命力とつながる食生活17項目 −その3ー

大自然の生命力とつながる食生活17項目とは

病気をしない元気な身体づくりを目指すために「大地といのちの会」が提唱しているものです。とても具体的で、分かりやすいので紹介させてもらいます。

あなたの毎日の小さな食の選択こそが、家族の幸せにつながり、地域の真剣な農家や食品企業、子供たちの元気、活力ある幸せな社会の実現につながっています。

あきらめないで!夢を描いて、楽しく続けよう!続けられた自分をほめて!

③皮ごといただこう
食生活3.jpg

新ジャガ(新ジャガ以外は食べない)、ゴボウ、ニンジン、大根、レンコン、ナス、カボチャ。

野菜のバリアである皮にはビタミン、ミネラル、ファイトケミカルが集中。

皮ごとの料理がおすすめです。

タマネギの茶色い皮やグリンピースのさや、ナスのへたなど食べにくい部分は、煮出して使うと効果大(ベジブロス)。

◎食以外の大切な生活習慣:歩く、笑う、感謝の言葉、鼻呼吸、お風呂で半身浴、早寝早起き
漢方・食養生

大自然の生命力とつながる食生活17項目 −その2ー

大自然の生命力とつながる食生活17項目とは

病気をしない元気な身体づくりを目指すために「大地といのちの会」が提唱しているものです。とても具体的で、分かりやすいので紹介させてもらいます。

あなたの毎日の小さな食の選択こそが、家族の幸せにつながり、地域の真剣な農家や食品企業、子供たちの元気、活力ある幸せな社会の実現につながっています。

あきらめないで!夢を描いて、楽しく続けよう!続けられた自分をほめて!

②葉野菜もいただこう
食生活2.jpg

☆7月〜10月
夏とびきり元気な葉野菜は、シソ、モロヘイヤ、ツルムラサキ、ソバの茎葉。
どれも家庭で簡単に育つ(特にそば)。

☆10月〜5月
レタス、キャベツ、ホウレンソウ、コマツナなどの葉野菜が元気。
ニンジン、大根、カブは大切なカルシウムやファイトケミカルが特に葉に多い。ニンジンの葉はニンジンご飯、卵焼き、お好み焼き、干してニンジン茶にも使えます。

◎食以外の大切な生活習慣:歩く、笑う、感謝の言葉、鼻呼吸、お風呂で半身浴、早寝早起き
漢方・食養生

大自然の生命力とつながる食生活17項目 −その1ー

大自然の生命力とつながる食生活17項目とは

病気をしない元気な身体づくりを目指すために「大地といのちの会」が提唱しているものです。とても具体的で、分かりやすいので紹介させてもらいます。

あなたの毎日の小さな食の選択こそが、家族の幸せにつながり、地域の真剣な農家や食品企業、子供たちの元気、活力ある幸せな社会の実現につながっています。

あきらめないで!夢を描いて、楽しく続けよう!続けられた自分をほめて!

①元気な旬の野菜をいただこう
食生活1.jpg

年中元気な野菜はありません。食べない時期があるから、元気でおいしく安い時期にたくさん食べられるし、季節によるメリハリが食べる感動を生みます。

飽きないような料理の工夫もね。

☆7月〜10月
真夏のかんかん照りの下で元気な野菜
トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、オクラなど

☆10月〜5月
冬元気な野菜
キャベツ、レタス、ホウレンソウ、コマツナ、ミズナ、ターサイ、菜の花、ブロッコリー、大根、ニンジン、カブ、サトイモ、ショウガ、サツマイモ

☆ほぼ一年元気
タマネギ、ジャガイモ、ゴボウ

☆春
そら豆、エンドウ

☆春と秋
インゲン

◎食以外の大切な生活習慣:歩く、笑う、感謝の言葉、鼻呼吸、お風呂で半身浴、早寝早起き
漢方・食養生

「気」について

「気」について、まとめてみました(^^)

1)気とは
世界(自然界・宇宙)に存在するものは、全て気から出来ている

2)気の性質
・いつでもある
・どこにでもある
・たえず動いている
・決まった形はない
・気を直接見ることは出来ないが、現象を通じて知ることが出来る

3)人間の気とは
気とは、物質であると同時にエネルギーである。

気=物質的(エネルギー)+エネルギーを活用するしくみ(装置)
 →作り出された生命力(パワー)

エネルギーを活用する仕組み=内臓の働き

人間の生命を支える「先天の精気」「清気」「水穀の気」

4)人における気の働き
・推動作用:様々な生理活動を行い、人間を生長・発育させる
・温煦作用:身体を温める
・防御作用:邪気から身体を守る
・固摂作用:体液・内臓を決まった場所に留める
・気化作用:運動を通じて変化を起こす(の運動による変

5)気の運動=気機
気機:昇降出入

気機失調
・気機不暢
・気滞
・気逆
・気陥
・気脱
・気結

6)特殊な気
・元気
・宗気
・営気
・衛気

7)感情と臓腑、気の関係
・怒る   (肝)  上る
・喜ぶ   (心)  緩む
・思う・憂う(心・脾)結ぶ
・悲しむ  (肺)  消える
・驚く   (腎・心)乱れる
・恐れる  (腎)  下がる

参考:中医学ってなんだろう
   ①人間のしくみ
   小金井 信宏・著
スタッフBlog , 漢方・食養生

睡眠の養生

チャイナビュー 148号の紹介をします。

漢方の知恵袋では「睡眠の養生」が紹介されています。

ストレスの多い現代社会。不眠は多くの人が抱えている悩みではないでしょうか。

中医学では不眠の原因を大きく2つに分けて考えます。

1)精神を安定させる栄養分である「血」が足りない
2)ストレスが過剰

これら2つが組み合わさって、不眠の症状が出ると考えられます。

☆イライラ、憂うつで寝つきが悪い。
☆夜中に目が覚める、眠りが浅い。
☆早朝に目が覚める、加齢による不眠。

チャイナビュー 148号では、タイプ別に不眠の養生法や快眠のポイントを紹介していますよ(^^)

約2000年前の医学書にも「不得眠(睡眠を得ず)」という記載があるほど、中医学では古くから不眠の治療が行われて来ました。

この知恵を生かして、快眠体質を目指しましょう。

チャイナビュー148号は、お店に来ていただけば、差し上げています。
null
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»