漢方・食養生
漢方・食養生

食養生

食は私達のからだとこころの基本(土台)です。
土台をおろそかにすると、その上にどんなに立派できれいなものを積み上げても崩れ落ちてしまいます。
このような事から、土台をつくる食は健康なからだとこころを維持するためにも大切なのです。

食養生というと、特別な材料を使った料理を思い浮かべられるかもしれません。
柿の木薬局がおすすめするのは、日本の気候・風土・体質に合った食事をすることです。
それは、湿度の高い高温多湿の気候風土の中で生活するわたしたちにふさわしい伝統食・日本食です。

具体的におすすめしたい事が3つあります。

1.「旬の食材」を食べること

食べ物には漢方薬と同じようにからだを温めたり、冷やしたり、巡りを良くしたりする作用があります。
「旬の食材」には生命力がみなぎっていて、栄養価も高く、その季節にからだに必要とされるものが備わっています。
自然のエネルギーを取り込むことで、免疫力を高める事ができます。
また、「旬の食材」は安価であるのもうれしいですね。

2.冷たいものの取りすぎを減らす

冷蔵庫が普及してから数十年しかたっておらず、ひとのからだは冷たい飲食物に耐えるようにはできていないと思います。
冷蔵庫からだしたての飲料水を飲むと、胃腸は消化吸収に使うエネルギーで冷たい飲料水を体温まで温める必要があります。
それだけ胃腸に負担を与え、飲食物の消化吸収に支障が出ることがあります。

3.よく噛んで食べる

現代人は、一口平均10回しか噛んでいないそうです。
一口30回噛んで食べると、唾液の分泌が良くなり、頬の筋肉が発達して視力がよくなり、小食で満腹感が得られます。
唾液の分泌が良くなると、飲食物の消化吸収が良くなり、胃腸に負担を与えずに良質の栄養が全身に行き渡ります。
また、良く噛むことで脳にも刺激を与えることになります。
良く噛むことでからだには様々な好影響があると言われています。
まさに「口は命の入り口、心の出口」なのです。
食べることは心の余裕をつくる大切な時間です。家にいるときだけでもゆっくりと噛んで、心から感謝していただきたいと思います。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

3月の生活のヒント

春は「木の芽立ち」の季節です。
植物が芽を出したり、昆虫や動物が活動を開始するのに地上にはい出してくるようになります。

芽吹き.jpg


大地のエネルギーが天に向かって上がってくるイメージです。
ヒトもこのエネルギーの上昇に影響されて、頭がふわーとしたり、血圧が高めになったりすることがあります。
これは気の巡りが過剰になって起こると考えられます。
この過剰な気の巡りと関係あるのが「肝(かん)」と「血(けつ)」です。

「血」を貯蔵しているのが「肝」です。
「肝」は春の木の芽立ちにも大いに関係します。
「肝」は自律神経系とも言われ、カラダ全体に適切に「気(エネルギー)・血・津液(しんえき)」を配分する役割があります。
「肝」に「血」が十分に貯蔵されていれば、カラダの外からの刺激(ストレスや木の芽立ちなど)にもゆったりと対応できるようになります。


また、春は痒みや赤みといった皮膚のトラブルが現れやすい季節です。
これは、冬の空気の乾燥や暖房の影響で、皮膚の潤いが不足することと、寒さによって皮膚が収縮して栄養をとどける「血(けつ)」の流れが悪くなることも原因です。
皮膚が乾燥してバリア機能が低下すると、花粉などの刺激も受けやすくなります。
皮膚や粘膜のバリア機能を落とさないためも、潤いを保つ事が大切です。


潤い(血と水)を保ってすこやかに過ごしていただくためには、心と体に潤いを与え、元気をつける食材がオススメです(^_^)

1)手羽先、豚足、オリーブオイル、はちみつ、きくらげ、ユリ根 など

2)松の実、ごま、はちみつなどからだに潤いを与える食材を食卓に常備する

3)ごま、クコの実、プルーンなどの血を増やす食材も常備しておくといいですね
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「ニラ」

日中は少し暖かいかなぁと思っても、朝晩は冷え込みますね。

でも、立春も過ぎて、少しずつ春が近付いていると感じませんか?

でも、今は風邪やインルルエンザの患者さんが多いのも事実。

そんな訳で、体が元気になりたいというか、疲れを吹き飛ばしたいと欲しているような気がするんです。

こんな時に欲しくなるのが、ニラ?

そんな訳で、今日はニラの紹介をします。

一年中見かける野菜ですが、旬は冬から春先にかけてです。
血行を良くして体を温め、胃腸の働きを整え、体を元気にする効果もあるので、寒い冬にはうれしい野菜です。
単独で使うよりモヤシなどの野菜、豚肉やレバーとの組み合わせは抜群です。
栄養面ではビタミンA、ビタミンB群、鉄分、カルシウムなどが豊富です。

ニラ料理.jpg
スタッフBlog , 漢方・食養生

2月の生活のヒント

春が近付くと気になるのが花粉症ですね。今年も花粉症の養生について紹介します。

中医学では花粉症は、春の邪気である「風邪(ふうじゃ)」が花粉を身体に侵入させるのが原因と考えられています。そのため、身体に風邪や花粉を侵入させないようなバリアをしっかりと作るのが、花粉症の養生になります。この邪気の侵入を防ぐ役割をしているのが「衛気(えき)」という気(エネルギー)です。「衛気」は免疫力や抵抗力のようなものです。

衛気」は身体の表面のバリアのようなもので、邪気の侵入を防いでいます。このバリアが不足すると、風邪や花粉が侵入して、鼻水・くしゃみ・目の痒みなどの花粉症の症状が現れます。

「衛気」を充実させるためには、「肺」と「脾胃(消化器官)」の働きを良くすることが大切です。これは、「衛気」が肺から吸い込まれる酸素と、食事から摂る栄養から生み出されているからです。

☆「肺」は乾燥に弱くて、潤いを好む臓器です。秋冬の空気の乾燥した季節は、特に潤いを補う事が大切です。肺が弱ると、息切れ・カゼをひきやすい・空咳・のどや鼻の乾燥・顔色が白いなどの症状が出やすくなります。
食の養生:百合根、れんこん、かぶ、おくら、はちみつ、梨、
     豚足、鶏手羽など

☆「脾胃」(消化器官)が弱いと、栄養が不足しがちになり、気(エネルギー)を十分に生むことができません。体力も落ちて、身体の免疫力・抵抗力も低下して、花粉症の症状も強く出てしまいます。「胃腸を冷やさない」「腹八分目」「消化の良いメニュー」「脂っこい物や辛い物を食べ過ぎない」「甘いものを食べすぎない」などを心がけましょう。
食の養生:米、大豆製品、山芋、かぼちゃ、豚肉、鶏肉、りんご   
     など
☆この養生は花粉症の季節だけでなく、日頃から気を付けておくことが大切です。

蝋梅.png
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「大根」

おせち料理では紅白なます、七草粥ではすずしろ、日本人が最も食べている野菜らしいです。

大根には消化を促進したり、余分な熱を冷ます働きがあります。
さらには、気を下ろす働きもあるので咳や痰にも効果がります。

寒い時期には、煮て冷やす性質を緩和させた大根に、体を温める生姜や気を巡らせるゆずなどを組み合わせるといいですよ。

大根ていーてーてー.jpg
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

「1月の生活のヒント」

今年の正月はとっても暖かくて過ごしやすかったですね。
でも、暦の上で小寒・大寒を迎える1月は、一年のうちで、最も冷え込む月です。

ヒト以外の動物や植物は、冬には活動や成長を休めて、エネルギーを貯め込むようになります。冬は休息の期間です。ですから、いくら寝ても眠い、活動量が減る、太りやすくなるというのは、自然な流れなのです。冬は、生き物たちがエネルギーをしっかりと蓄える、元気の貯蔵期間なのです。

冷え込む1月には、冷えに対する対策はもちろん必要ですが、それと並行して大事なのが、冷えによって低下しがちな体の機能を補って、衰えを防ぐことです。これを漢方では“補腎(ほじん)”といいます。

「腎」は五臓のひとつで、生命活動を維持する栄養物質(エネルギー)である「精」を貯蔵して、全身に精力を与えて粘り強さや根気を生み出します。この「腎精」は、他の臓腑を温め健全に働くようにします。免疫力や防衛力、成長発育、生殖活動、骨や脳にも関係しています。

補腎効果が高い食材には、山芋、キャベツ、くるみ、ごま、黒豆、えび、鶏肉などがあります。また、鹹味(かんみ、塩辛い味)の食品も腎を補う作用があります。みそや醤油を適度に摂取するのも大切です。昔ながらの作り方で作られた天然塩がおすすめです。わかめ、こんぶ、ひじき、あさり、もずく、めざし、じゃこなど海産物や黒豆など黒っぽい食材は腎を補う働きがあるとされています。おせち料理では、たつくり、昆布巻き、黒豆、栗きんとんなど補腎の効果のある料理がたくさんです。よく考えられていますね。

冬は過度な運動や活動は控えて、腎を補いながら、春に備えて少し休息をするようにしましょうね。

雑煮2016.jpg
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»