スタッフBlog
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 30 | 31 | 32 || Next»
スタッフBlog >日々是漢方生活

春分の日:2011 03/21

3月21日は春分の日ですね。

春分の日は昼と夜が同じ時間だと学校で習った記憶があります。
でも、岡山の日の出は6:08、日の入は18:16で同じじゃないんですね(゜◇゜)ガーン

岡山の春分の日は3月17日だったみたいです。日の出は6:13、日の入18:13。(どうでも良いですね・・・)

春分を”中医学のモノサシ”で量ってみるとこうなります。
春分は陰が減り陽が増え、陰と陽が半々になった日。
これからさらに陽が増え、陰が減っていきます。
中医学では、陰と陽のバランスが取れていると調子がよいと考えます。
春分.JPG

これからの季節は、陽の増えすぎに注意していくのが養生のポイントになります。
例えば、冬に冷え症対策で飲み始めた生姜などを取り続けて、不要な陽を補給してはいけないんです。





スタッフBlog >日々是漢方生活

鼻血が出まして−1:2011 03/17

私事ですが、最近、鼻血がたらーりと出るのが続いておりました。4日間で3回出血がありました。以前から、疲れると鼻血が出るような気がしていました。

さて、中医学的にはどうなんでしょうか。

中医学では鼻血の事を「鼻衄(びじく)」あるいは「衄血(じくけつ)」と言います。

原因から分類すると、以下の4つくらいに分けられるようです。

1)肺熱型:出血は突然に起こる事が多い。肺に炎症があって、熱があったり、鼻がつまっていたり、鼻汁は黄色、咳をしたり、黄色い痰を吐くなどの症状がある。

2)胃熱型:出血は突然に起こる事が多い。飲食の不摂生による。暴飲暴食や辛いモノの食べ過ぎによく見られる。

3)陰血虧虚型:出血は緩和で繰り返し起こる事が多い。顔色は艶がなくて黄色がかっている。ドキドキしたり、不眠、物忘れ、寝汗、脱力感、頬が紅いなどの症状がある。

4)気虚型:出血は緩和で繰り返し起こる事が多い。全身倦怠感、動くとドキドキする、息切れ、話し声が弱々しい、顔色は青白く、手足冷えがあり、食欲不振、下痢気味などの症状がある。

私の場合は、
・最近、疲れが溜まった感じがありました。7ヶ月になる息子が、夜によく起きるようになりまして、隣で寝ているだけですがお疲れ感が溜まっております。これは4)気虚型かな。
・土曜日に韓国料理を食べて、日曜日早朝に鼻血が出ましたので、2)の胃熱型の疑いもあります。
・ベースに疲れがあったところに、辛いモノの過食とアルコールの過飲がとどめを刺したのかもしれません。

続く・・・

(参考文献)
中医臨床大系 21巻 中医耳鼻咽喉科学
人民衛生出版社 雄渾社


スタッフBlog >日々是漢方生活

台所漢方 香り野菜:2011 02/27

岡山市も二週間前には雪が降っていたのに、最近一週間は急に春めいてきました。
日暮れも急に遅くなったように感じます。

春になると、植物は芽吹き、虫たちも土から出てきて活動を再開。自然界には陽気が満ちてきます。人間も新しいことを始めたくなったり、やる気が出てくる季節ではないでしょうか?

そんなわけで(?)唐突ですが、私も畑に行ってきました。
畑.jpg
去年は里芋を植えさせてもらいました。今年は沖縄のニンジンとか枝豆とか作ってみたいけど、どうなりますことやら。

畑脇の用水路にセリが生えていました。
セリ.jpg
セリやミツバ、春菊、パセリ、セロリなどの香り野菜は、春にもってこいの野菜なんです。
香り野菜は「気」の巡りを改善し、ストレスを解消する作用を持っています。


続きを読む
スタッフBlog >日々是漢方生活

台所漢方 ふきのとう:2011 02/22

備前平野に春をもたらすと言われる西大寺観音院の裸祭りが終わり、岡山市内も昨日の日中は春を思わせるような穏やかさでした。

この頃から行きつけの居酒屋さんで食べたくなるのが、ご主人が作られる蕗味噌です。あのほろ苦さが何とも言えず美味しいです。

いつもは大きくなってから気が付くので、今年は早めに庭を探してみました。一つだけ、ふきのとうが出てました(^^)
ふきのとう.jpeg

この特有の苦味はフキノール酸、カフェオイルキナ酸などの抗酸化作用の高いポリフェノール類なんだそうです。生活習慣病の原因にもなる体内の酸化ストレスから身体を守る作用があるだけでなく、苦味には胃腸の働きを促したり精神ストレスの改善などにも効果が期待できます。漢方的に考えると、苦味は清熱作用がありますから、熱性のお酒のあてにほろ苦い蕗味噌というのもありですね。天然物の山菜ならミネラルも豊富でしょうし、季節の変わり目の体調維持にも良さそうです。


続きを読む
スタッフBlog >日々是漢方生活

台所漢方 ウコン:2011 02/20

先日、「大根のお漬け物に入れるので、ウコン下さい」を言ってこられたお客さんがおられました。私、不勉強ですぐにピンとこなかったのですが、在庫はないですがすぐに取り寄せが出来ますとお伝えして、その方もそれでよろしいと帰られました。帰られた後で、なんでウコンなんだろうと考えておりましたら・・・

ウコンはスパイスのターメリックの事ですよね。
クチナシと同じように、お漬け物に黄色い色を付けるのに使うようなんです。

で、うちに買いに来られたお客さんですが、すぐに戻ってこられて「ごめんなさい。他でありましたから。」と恥ずかしそうに言って帰られました。その方もウコンとターメリックが同じだと気が付いたのですね。

成分:
クルクミン、ターメロン、ジギベレンなどが含まれ、クルクミンには利胆作用のあることが知られている。

お漬け物に入れるのは、特に薬効を期待しているわけではないと思いますが、人工着色料で色づけされたものより安心して食べられますよね。


続きを読む
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 30 | 31 | 32 || Next»